TEL
MENU

ホーム > Blog記事一覧 > 2018 3月の記事一覧

肩甲骨ストレッチ

2018.03.02 | Category: 症例ブログ

こんにちは。

先日、閉幕した韓国・平昌オリンピックをご覧になっていた方も多いのではないでしょうか?

日本人選手の活躍がすごかったですね!

特に、カーリングやスピードスケートなどの、女子選手の活躍が目を見張りました。

男子では、何といっても、フィギュアスケートの羽生選手ではないでしょうか?

ケガからの復帰と合わさり、とても素晴らしい演技でしたね!

なんでも、治療や普段のメンテナンスに、羽生選手は、鍼治療を取り入れていると聞きました。

どんどんスポーツの現場では、鍼治療が取り入れられていますが、これを機に、もっと一般の方にも鍼治療が認知されるといいですね。

そして、平昌オリンピックに感化された方や、だんだん暖かくなって身体を動かす機会が増えてくるのではないでしょうか?

そんなときは、肩甲骨のストレッチをしてから、身体を動かしましょう!

肩甲骨ストレッチで体を動かす準備を
この冬も様々な地域で市民マラソンが開催され、2月25日には東京マラソン2018が開催されました。

徐々に暖かくなり、気持ちも新たに走り出そうという方も多いのではないでしょうか。
そこで「走る動力の源」といわれる肩甲骨周りをストレッチして、走る身体を作りましょう。
現代の日常動作は肩が前に入り胸が縮んでいる姿勢が多いので、腕が後ろに引けず肩甲骨周りがガチガチになってしまいます。するとせっかくのトレーニングの成果がうまく出せません。

①肩と胸のストレッチ

後ろで手を組み、肩甲骨をぎゅっと寄せるようにして肩の前、胸を伸ばす。

 

②胸・肩・背中・腰・腿裏のストレッチ


①のストレッチの姿勢から腕を前に倒す。
※腕が地面に対して90度以上を目指します。

 

③肩甲骨周りのストレッチ


1. 右手の手の甲を背中に当て、腕で三角形の隙間を作る。
2. 左手で右腕の肘を前に引きます。
※反対も行う。

※それぞれ痛みが出る手前で20秒キープ。

毎日コツコツ、無理をせず行うことで、走るため、動くために必要な柔軟性を高めることができます。

では、皆さんもぜひ取り入れて、健康のため、身体を動かしましょう!

当院へのアクセス情報

所在地〒028-4132 岩手県盛岡市玉山区渋民鶴飼22-1 イオンスーパーセンター渋民店
駐車場イオンスーパーセンター駐車場をお使いください。
予約お電話でのご予約が可能です。
※問い合わせフォームからのご予約は承っておりませんので、ご了承くださいませ。
電話番号019-683-1901
休診日年中無休
※不定期休があるため、その場合は新着情報でお知らせします