TEL
MENU

Blog記事一覧 > 症例ブログ > 腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎

2015.02.27 | Category: 症例ブログ

みなさんこんにちは!今回のブログは田野が担当します!

今日は、「腸脛靭帯炎」という症例についてご説明します。

 

走っているとき、走り終えたとき、膝の外側に痛みを感じたことはありませんか?

腸脛靭帯というのは、大腿骨の外側に存在します。膝を伸ばしたときは大腿骨の前へ、曲げたときは後ろに移動します。この屈伸時に大腿骨外顆という骨のでっぱりにぶつかり、摩擦によって痛みが発生します。長距離を走る人に多くみられます。なので、ランナーズニーとも言ったりします。

 

 

原因

・過剰なランニング(時間・距離)

・硬い路面や下り坂でのランニング

・硬いシューズ

・柔軟不足(アップ不足)

・走行フォームで足の外側に体重をかけるくせがある

・シューズの外側がすり減っている(足関節が内反状態になるから)

・膝O脚                etc….

 

 

症状

・膝外側の圧痛

・屈伸時、ランニング時疼痛

・歩行や階段昇降時など日常生活で痛みが発生(進行すると)

 

検査法

グラスピングテスト

・座位、膝を90度屈曲位にて、大腿骨外顆を指で押しながら膝を伸展していく。

 この時に痛みがある際は陽性。

 

治療&自分で出来るケア

   ・急性期は、ICE、ランニングの制限(とくに下り)

   ・四頭筋、二頭筋など膝に関係する筋肉の強化と柔軟

・痛みが消失するまでは、歩く(プールでだとなお良い)、筋トレ。

大腿筋膜張筋大臀筋のストレッチ←この二つの筋肉が緊張状態だと、腸脛靭帯を引っ張っていることになり、摩擦を起こしやすくなります。ストレッチポールを使用するのもおすすめです!鍼やマッサージでほぐすのもいいです!

・足底装具←内反を防ぐように!…前・後脛骨筋が硬いと足首は内反状態になりますよ!

・ウォームアップ、クールダウンを念入りに!

 

気温が高くなってきて体を動かす人が増えてくると思います。ウォーミングアップ、クールダウンをしっかりしてケガの予防をしっかりしましょう!!

その他ケガの治療も行っていますので、もみの木鍼灸整骨院へお気軽にご相談ください!!

 

当院へのアクセス情報

所在地〒028-4132 岩手県盛岡市玉山区渋民鶴飼22-1 イオンスーパーセンター渋民店
駐車場イオンスーパーセンター駐車場をお使いください。
予約お電話でのご予約が可能です。
※問い合わせフォームからのご予約は承っておりませんので、ご了承くださいませ。
電話番号019-683-1901
休診日年中無休
※不定期休があるため、その場合は新着情報でお知らせします